top of page
  • 執筆者の写真mizuki shikimachi

【式町水晶コンサート情報】2024/3/20 生野区介護家族ゆとりの会30周年記念 式町水晶コンサートin生野



【開催日時】

2024年3月20日(水・祝)

13時開場


【開催場所】

大阪市立生野区民センター

リゲッタIKUNOホール


【参加費】

無料


【主催】

生野区介護家族ゆとりの会


【後援】

大阪市生野区役所

生野区医師会

生野区社会福祉協議会

生野区訪問介護事業者連絡会

医療・介護・保健従事者が元気になる会

生野区有料老人ホーム・サ高住連絡会




【主催:生野区介護家族ゆとりの会】

 1993年4月、当時“痴呆性老人” ”ぼけ老人”などと言われる家族を抱えている家庭は困り果てていて、介護する側にいた南栄(みなみ さかえ)氏の呼びかけで、同じ悩みを持つ家族が集まり、当会が発足しました。


 有資格者のボランティアの人たちの協力を得ながら、「認知症の人たちの旅行」「入院先や相談できる公共機関などの情報交換」などを積極的に進め、マスコミでも取り上げられました。その後、生野区の取り組みに応えて各区に家族会が誕生し、大阪市内24区の連絡会ができました。


 しかし、2006年に南会長が他界されて活動が休止し、世話人を新たに募り、2012年4月タレントの遙洋子さんの講演会で活動を再開しました。


 30周年の集いを機に、次のステップへ踏み出そうと考えています。


【現在のゆとりの会の3つの柱】

 ①当事者と家族が共に参加する旅行会の取り組み

 ②生野区の医師や薬剤師、専門家の方々とつながる研修・相談会

 ③施設の選び方講座―介護保険はできたけれど、制度がわかりにくい。特別養護老人ホーム、 老人保健施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、小規模多機能ってどう違うの?


などの活動を続けていきたいと考えています。


代表世話人

西脇邦雄

閲覧数:250回0件のコメント

Comentarios


Profile

式町水晶(しきまちみずき)

1996年北海道旭川生まれ。
脳性まひと闘うプロヴァイオリニスト。

 

東日本大震災の津波に耐えた陸前高田奇跡の一本松と被災地に残された瓦礫や家具を再利用して作られた 「津波ヴァイオリン」を所持し演奏することを託される。

障がい者と健常者の垣根を越え、 より多くの人々に夢や希望を贈りたいとの思いで、東日本大震災チャリティーコンサートや、全国各地での災害支援活動、社会貢献活動を中心に、コンサート、 ライブ、 各種講演会、 楽曲制作も精力的に行っている。

式町水晶
bottom of page