top of page
  • 執筆者の写真mizuki shikimachi

式町水晶メジャーデビュー5周年記念コンサートにかける想い

結論から申しますと、この5周年記念コンサートの目的も「平和・公正な世界の実現」のためです。

”脳性まひ”と闘いながらポップヴァイオリニストとして活動し、東日本大震災の被災地、チャリティーコンサート、小中高の学校訪問や人権講演会などでも演奏・お話をさせていただいております。その中で、「平和・公正な世界」の実現のためには、「”お互いの立場・気持ちを知ろうとする心”を持つ方の存在」が欠かせないことを実感しています。

”お互いの立場・気持ちを知ろうとする心は大事!”という言葉は人権関係の講演会などでも、よくお聞きします。ただ、そういった心はどうしたら持つことができるのか? ここにアプローチすることはすごく大切だと思っています。

ぼくももちろんそうですが、人は心に余裕がないと、

・周りの人からの優しさに気づけない ・キツイ態度を取ったり、言葉を使ってしまう

という状況に陥りやすいものではないでしょうか?


だからこそ、まずは「自分を大切にする時間」が必要なのだと思っています。忙しい日々の中で、立ち止まっていただき、「自分を大切にできているかなぁ」とご自身と向き合っていただける時間を、5周年記念コンサートの中で提供したいと思ったのです。

そこで、尊敬する偉大なアーティストである片岡鶴太郎氏とトークセッションをおこなうこととしました。トークテーマは、「心・身体・精神性・食」の大切さです。これがまさに参加者の皆様に「まず、あなた自身を大切に、優しくあっていただきたい」という想いから企画しています。

ぼくは、人間は心に余裕があると、周りの人の気持ち・立場を理解することができると信じています。

また、5周年コンサートの演奏中には、ぼくの等身大の人生ストーリーを知っていただける映像・写真もご用意しています。これは「人生楽ありゃ苦もあるさ」と言いますか、「”違う立場や気持ちを知ろうとする心”」の大切さを知っていただきたいという想いからの、初めての工夫です。

5周年コンサートの開催に伴い、ぼくがモデルとなっている絶版のコミック「水晶の響」を全国の学校に寄贈するためのクラウドファンディングも10月16日まで行なっております。この「リターン」に参加チケットをご用意しています。


ポップヴァイオリニスト式町水晶のコミック再出版と5周年コンサートを実現したい!



現在、クラウドファンディング残り29日。

16人の方々にプロジェクトの目的に賛同いただき、本当に嬉しく思っています!

引き続き、応援いただけるととても心強いです!


イベントシーズンの秋!

ヴァイオリニストとして楽しみながら活動していきます!^^ よろしくお願いします!


式町水晶


閲覧数:30回0件のコメント

Comentários


Profile

式町水晶(しきまちみずき)

1996年北海道旭川生まれ。
脳性まひと闘うプロヴァイオリニスト。

 

東日本大震災の津波に耐えた陸前高田奇跡の一本松と被災地に残された瓦礫や家具を再利用して作られた 「津波ヴァイオリン」を所持し演奏することを託される。

障がい者と健常者の垣根を越え、 より多くの人々に夢や希望を贈りたいとの思いで、東日本大震災チャリティーコンサートや、全国各地での災害支援活動、社会貢献活動を中心に、コンサート、 ライブ、 各種講演会、 楽曲制作も精力的に行っている。

式町水晶
bottom of page